初期費用が節約できる!マンスリーマンションの魅力

ホテルで暮らすように、滞在費を払う感覚

マンスリーマンションとは文字通り月単位で借りることのできるマンションで、基本的に大家さんに支払う敷金・礼金や不動産業者に支払う仲介手数料がかからないため、入居時の初期費用が節約できることになります。感覚としてはホテルなどに宿泊するのと同じで、宿泊費のみがかかるというイメージで、その宿泊費を前払いで賃料として払うということです。また、すぐに生活できるような家具や家電類が揃えられているので、それらを新しく購入する費用やどこかから運搬してくる引っ越し費用がかからないということになります。こちらも、キッチンつきのホテルに滞在するのと似た感覚で、着替えと身の回りのものさえ持ってくればすぐに暮らし始められます。

長期の利用は、費用の全体を見渡して比較検討がおすすめ

マンスリーマンションでは初期費用は節約できますが、賃料としては一般の賃貸物件より高めに設定されていることが多くなっています。そのため、長期にわたって住む場合には、全体としてかかる費用が高くなってしまうことあるので注意が必要です。マンスリーマンションによっては、長期利用で賃料が割引になるものもあり、どちらともいえない場合もあるので、全体を通した節約を考えるならよく比較検討して選びましょう。また、住むというより滞在というニュアンスで捉えられているため、住民票などが移せないところもあります。つまり、一般的にマンスリーマンションは一か月から数カ月の短期の利用が適していて、メリットを受けやすいといえます。

マンスリーマンションを中央線の近辺で契約をすることで、通勤や通学が便利になることはもちろん、周辺環境が恵まれた地域に住居を構えられるという魅力があります。

© Copyright Server Solutions. All Rights Reserved.