職住接近型のマンスリーマンションの入居プランとは?

マンスリーマンションを利用するメリット

マンスリーマンションの最大の特徴は、生活に必要な洗濯機や冷蔵庫などの家具や家電製品があらかじめ設置されている事です。水道や電気などのライフラインは管理する業者が手続きをしているので、入居したその日から直ぐに普段通りの生活をすることができます。引越しの煩わしさがなく、身の回りのものだけを持って、文字通り「カバンひとつ」だけで入居できるのがメリットです。
マンスリーマンションは、基本的には月単位の契約になります。そのため、サラリーマンの中長期の出張や研修、就活や受験シーズンの学生の滞在先として、自宅のリフォーム時の仮住まいとして多くの人に利用されています。
契約の条件は業者によって異なり、長期になれば割安になったり短期でも日割りで利用できたりとプランは様々です。

企業の社宅として活用されているマンスリーマンション

企業にとって社宅は維持管理に手間や費用がかかるため、経費節約のためにマンスリーマンションを社宅代わりに契約しているところもあります。自分で住まいを確保をする必要もなく家具や家電などを揃える初期費用がかからず、面倒な引越しの手続きも不要なため従業員にとってもメリットが大きいです。
長期の入居の場合は1~3ヶ月の短期から1年程度の長期まで幅広いプランがあり、仕事の状況に合わせて契約することが可能です。入居時の予定が長期化した場合は、契約を延長したり再契約したりすることで同じ部屋を利用できるなど柔軟な対応をしている業者もあります。
また、生活しているうちに家具や家電が故障や破損してしまった場合などは、管理する業者によって対応が異なるため契約する際に確認しておくことが大切です。

© Copyright Server Solutions. All Rights Reserved.